2011年12月18日 (日)

【首無地蔵菩薩】今年最後の月例祭

Kubinasi_2


広島県府中市の観光名所【首無地蔵菩薩】は今日18日が月例大祭

今年最後の例大祭とあって朝から大勢の参拝者でにぎわった

マイカーでの参拝者が多く、近くの府中公園グランドも駐車場として開放されたが、それでも引っ切り無しに訪れる参拝者の車が駐車場の空き待ちで路上にあふれた

電車で府中駅まで来た参拝者を運ぶのであろうタクシーも引っ切り無しに往来し、駐車場待ちの車と共に路上でごった返した

首無地蔵の広場には沢山の露店が出店し、こちらも多くの人だかり

府中の名産「諸毛ごぼう」や「れんこん」を買い求める人が結構多く、おそらく正月の準備だろうと思われる

今年最後ということもあって賑やかな月例大祭だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

「伊万里焼」と「有田焼」

先日、車で九州長崎方面へドライブ旅行しました。

途中、長崎自動車道の武雄北方インターで一旦高速を下りて

「伊万里焼」「有田焼」を観に行きました。

伊万里焼の窯が沢山集まる「大川内山」という里へ行き

「伊万里・有田焼 伝統産業会館」

陶磁器を観賞したり、絵付けの体験をしたり…、

館長さんに陶磁器のことや

"伊万里焼"と"有田焼"の違いについても教えてもらいました。

Imari_1_3
伊万里焼
Imari_2
伊万里焼(色絵付け)

 

館長さんの話や窯元の人から聞いたことを、ここで紹介します。

  • 焼き物には陶器と磁器があり、もとになる粘土の材料が違う。
    1. 陶器を作る粘土の原料は【土】
    2. 磁器を作る粘土の原料は【石を細かく砕いた粉】
    3. 唐津焼は【陶器】→たたくと低い鈍い音がする
    4. 伊万里焼・有田焼は【磁器】→たたくと高い金属音がする
  • 伊万里焼・有田焼は全て分業で作られている。
    1. ろくろ師→粘土をこねて皿や花瓶などの形を作る職人
    2. 下絵付師→焼くと青くなる釉薬で素焼きの器に下絵付をする職人
      • 釉薬の重ね塗りで色の濃淡を表現し、上絵なし下絵青一色
        のみの作品も多くある(上の写真左)
    3. 上絵付師→→青一色の下絵の上に赤や黄など様々な色を発する
                 釉薬で色鮮やかな上絵付をする職人
    4. それぞれ分業のため、3者の心・思いが一つにならないと良い作品
      は出来上がらないとのこと、
      ※下絵までは素晴らしい作品が上絵でダメになることも有る
      とのこと
    5. 下絵も上絵も、どうしても一人の絵付師に書いてもらいたいと
      いう時、有田に一人で両方できる人が2人(3人だったかな?)
      居るので、伊万里から器を持って行って絵付してもらい、
      また伊万里に持って帰って焼き上げたことが過去にある
      とのことでした。
  • 「伊万里焼」 と 「有田焼」 の違い
    1. 昔は、有田一帯でで焼いた焼き物を伊万里の港から船で各地へ
      積み出していたことから「伊万里焼」
      と呼ばれていた。
    2. 今から約400年前、鍋島藩によって窯元の統合が行われ、
      伊万里の窯を鍋島藩のおかかえ窯とした。
    3. これにより、伊万里は御用窯として発展し、有田は大衆向けの
      器を作る大衆窯として発展
      した。
    4. 従って、鍋島藩による窯元統合によって「伊万里焼」「有田焼」
      と区別ができたもので、元々一つのものであり現在に至っても
      その工法・技法に違いはない
    5. しいて違いを言うならば、伊万里焼は御用窯として発展した関係上、
      器の紋様に緻密さ、繊細さがある
    6. 現在、「古伊万里」と称して珍重されているものは、今で言う
      伊万里焼ではなく、鍋島藩による窯元統合以前に有田で作られた
      焼き物
      であるとのこと。

館長さんや窯元の話を聞いて、ながい間、伊万里焼と有田焼

「何が違うんだろう??」 「どう違うんだろう??」 

ず~ッと胸の中にあった疑問

解決しました、スーッキリしました。

※ここに書いた内容は、伊万里・有田で聞いた話ですが、
 聞き違いや思い違いにより「ここはおかしいよ!!」、「ここは違うよ!!」
 とお気づきの点が有ればご指摘ください、訂正いたします。

続きを読む "「伊万里焼」と「有田焼」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

モダン照明 「KELVIN LED」の全様

プレスブログからの情報によるモダン照明 「KELVIN LED」についての続編です。

先週こちらで「KELVIN LED」のチョッと思わせぶりなイメージ動画を紹介しましたが・・・

今回第2作品目、その続編の動画が発表されました。

まずは、どんな内容なのか見てください。

前回のイメージ動画で「何なんだろう??」という気持ちを持たれた方が多いと思いますが・・・

今回の第2作品目を見ると「ああ!! そうなんだ!!」「こんな感じの照明なんだ!!」と納得できると思います。

そうなんですね!!

KELVIN LEDはその名の通り、LED光源を採用し四角いスポットライトのようなモダンな照明なんですね。

LEDだから当然少ない消費電力で済み、ボディもスリムでモダン!!

ビジネスディスクにも・・・

一人で読書をするときも・・・

恋人同士で静かに音楽を聴くときも・・・

どんなシーンにも違和感のない洗練されたデザイン!!

何気なく、そーっと傍に置いておきたいような気がします。

皆さんはどのように感じられたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

モダン照明 「KELVIN LED」

プレスブログからの情報によるモダン照明「KELVIN LED」について紹介します。

まずは動画を見てください

イタリアの証明デザイナーによるスタンドライトKELVIN LEDのイメージ動画です。

以前、美術館で有名なガラス工芸作家「ガレ」の照明スタンドを見たことがありますが、

「KELVIN LED」は、あの重厚で奥深い色合いのスタンドとは正反対!!

モダン!! スリム!! コンパクト!! でありながら機能的!!

シンプルでありながらデザイン性に優れている!!

その上、ランプもLEDで軽量な上、経済的にも優れているとの事。

今回紹介したイメージ動画は「KELVIN LED」の雰囲気だけ!!

続きの2作目があって、その2作目を見ると「KELVIN LED」の全体像がハッキリするとの事。

2作目がどんな内容か楽しみです。

2作目が出たらまた紹介しますので、ぜひ見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)